2018年1月17日水曜日

50mm ラバープレートとアイアンプレート 入荷しました

筋トレは力む 

スポーツは脱力



つぶれて追い込まない筋トレに意味はない。

LBGYMでは効果的な筋トレをご指導しております。









大相撲は、横綱受難の初場所です。

白鵬関も、今までやっていた「張り差し」と「かち上げ」を禁止され苦戦が続いています。

プロ野球投手が、2段モーションを禁止され、修正するのに時間がかかるのと同じことが、白鵬関に起こってるのかもしれません。

身にしみついたルーテインを変えて、同じようなパフォーマンスを出せるほどプロスポーツは甘くはないのでしょう。



稀勢の里関、左を差して負けた琴奨菊戦は厳しい一番でした。

鳴門の荒稽古で、今の地位を築いた力士が、怪我で稽古ができなければ自信を失ってしまうのかもしれません。



追い詰められた二横綱を見てると勝負の厳しさを感じます。



相撲協会との間合いを見誤った感のある白鵬関。



歓喜の日本人横綱誕生を決めた昨年の初場所から1年。

こんな稀勢の里関を想像した人はいなかったでしょう。



来年の初場所では、この二人は、どんな環境にいるのでしょう?

濃密な時間を送っている二横綱の今後に期待したいものです。















<今週の目標>

Time goes from the future to the past.

時間は、未来から過去へ流れていく・・・と考えれば、今日もいろんな未来が私の前を通り過ぎて過去になっていきました。



その人に会うと、きまって同じ感情がわく場合があります。

その人が、トリガー=引き金で、感情が、アンカー=情念。

過去の経験が、その人をトリガーにして、同じアンカーを作り出します。



そんな、トリガーとアンカーの関係を自分の中で自覚できたら、時間は過去から未来に流れてはいないと思いだしたら良いかもしれません。



流れていった過去に執着するほど無駄なことはないですね。



行雲流水



流れて行く雲を見上げる余裕は大事です。

筋トレでもやって無になる瞬間を作るのもいいかもしれません。



そうすれば、出会える未来を俯瞰して見れるようになり、穏やかに生活できるような気がします。


0 件のコメント:

コメントを投稿