2018年3月16日金曜日

運動部の為の筋トレ2018 No1 筋トレで一番大事なこと

<効かせるトレーニング>
100mが速い人は、間違いなく筋肥大します。
しかし、筋肉に効いてなければ筋肥大しません。


100mは、脚の筋肉は使わず、跳ねてるわけです。
スピードスケートは、負荷がかかる時間が長く、筋肥大します。
100mは、接地時間を短くすることが大事だと言われてますよね。


筋トレは、負荷をかける時間を長くすることが大事です。


効かせるトレーニングだと、さらに、逃げないとこから逃げないとこの繰り返しとなるわけです。




<徒然>

ヤフーショッピングのショッピングページを業者さんに頼んだんですが、商品を入れるのは自分がやらないいけないと知りました。

全部、お任せコースでやるのも手かもしれません。

SEO対策とかもありますよね。



ネット販売も、筋トレと同じで工夫は無限なんでしょう。



思考が固まってる感じはします。

固めていいのは、筋トレだけ。



ちょっと頑張りたいと思います。

頑張るとは脱力ですね。





ダイソン 掃除機 コードレス DC35 モーターヘッド DC35MH



効かせるトレーニングは、逆合気道。


合気道の達人の言葉
「自分を殺しに来た相手と笑って握手できるのが合気道です」
合気道=アメフト=脱力


逆合気道=筋トレは・・
「殺すか殺されるかと危機感を持ち筋肉を固めること」
速筋は、危機的状況じゃないと動きません。


筋トレこそ今に集中=one play at a time  ですね。


効かせるトレーニングは気合を入れる練習になります。
自分で入れなきゃ、誰も入れてくれません。
また、気合は伝染します。


トレーニング指導のまとめです。

偉そうに言うなら、自分がやらないといけません。

とにかく追い込むこと。
つぶれてからがスタートです。
あとは食事。
それと私生活。

無駄なことで、心揺れないこと。

ストレスを溜めないことが筋肉を育てるにも大事です。