2017年10月11日水曜日

LBGYMのトレーニング器具販売 youtube 特別価格もあるよ

ランニングマシーンを購入しました。

17日、納品です。



ベテランのメンバーさんには、有酸素器具は邪魔だと言われます。



筋トレをやれない人がエアロバイクに乗るんだ・・・とまで言う人もいます。

私も、その意見には賛成です。

筋トレの時間に、有酸素やインナーをやるのは、筋トレをサボってることになります。



日常生活にも、有酸素的な動きはたくさんあります。

しかし、日常生活には、筋肥大効果がある動きは、極めてすくないわけです。



筋トレの時間は、短時間で追い込む。



ただ、それだけ。



じゃあ、なぜ、ランニングマシーンを入れるかというと・・・。













衝動買いです。





ただ、それだけ。





まあ、喜んでくれるメンバーさんもいらっしゃいますから、それはそれで嬉しいとこはあります。



人が喜ぶことをするのが、私の目標です。



でも、ある人に嬉しいことは、別の人には迷惑なのが問題です。





毎月、新マシーン導入してます。



喜んでもらえる人もいれば、前の器具が良かったといわれる方もいらっしゃしいます。



人生、なかなか難しいものです。









<今週の目標>

God give me grace to accept with serenity the things which cannot be changed

Courage to change the things that should be changed

and wisdom to distinguish the one from the other.



ニーバーの祈りです

別のサイトには、こういう言い回しもありました.



God grant me the serenity to accept the things I cannot change,

the courage to change the things I can,

and the wisdom to know the difference.



こっちの方が言いやすいですね。



ニーバーの祈りは、薬物依存症プログラムに採用されて有名になったそうです。

また、アメリカ軍でも広く知られてるそうです。



軍隊も、変えれないものを受け入れる平穏さは、絶対条件でしょう。

依存症では、変えるべきことを変えていく勇気が必要でしょう。

そして、変えるべきことと変えられないことを区別する知恵。



ウダウダ言うって、変えれないものに執着してる外部症状かもしれません。

ウダウダ言うことによって、自分を維持する効果はあるかもしれません。



それよりも、ウダウダ考える悪癖を断つ勇気が大切だと思ったりします。



それも、ウダダウ言うことが間抜けなことだと気づく知恵がなければ始まりません。



Give me the serenity to accept the things I cannot change.



変えれないものを受け入れる平穏さを与えてください。



serenityって、響きが良いですよね。

serenityに対して disturbing.



同じことを見聞きしても平穏な人もいれば、心乱す人もいる。



serenityで調べてみれば、こういうのがありました。

Serenity of mind becoming a person who is identified with the cloud in the sky and the stream below

空の雲と水の流れに同一化できる人間になれる心の静けさ





これって何かと言うと・・・・。







行雲流水





禅語は、ウダウダ解釈しちゃ台無しです。





下ばかり見てたら、流れる雲は見えません。

空を流れる雲を見てたら、なるようにしかならない人生に気づくことも多いでしょう。