2018年6月25日月曜日

オリンピックマルチハンドルバー スピンバー ベアリングで回転

3グリップラバープレート キロ300円販売中。

お陰様で、ご好評いただいております。



トレーニングジム、格闘技ジム、プロスポーツ選手などなど、多くのお客様にお買い上げいただいております。



本日も、リピーターのお客さまに発送しました。

ありがとうございました。



<徒然>

日本サッカーは強くなったものだと感じたセネガル戦。


運動量により数的有利を作り出す戦い方。


日本の戦い方の指針を示す戦いになったように思います。

フィジカル的にはセネガルに劣ると言われても、持久力というフィジカル的要素では日本の方が上でした。

行くところはいって、ブロックで守るときは守る。

ペース配分をチーム全体で共有して戦って、最後まで走りきる。

肉体的な持久力だけではなく精神的持久力でも、西野ジャパンはセネガルを凌駕してたように思います。


ハリル前監督のトップダウンの指導法より、みんなで考えてチームを作っていくボトムアップの組織づくりが、今の日本には合っていたのかもしれません。

西野ジャパンの戦いかたが、日本のマスコミにもわからなかったように、相手チームにも研究させる時間を与えなかったのも幸運だったように思います。


スポーツ観戦で勇気をもらうことなんか少ない私でも、西野ジャパンのふたを開ければビックリの戦い方には感じるものがありました。


何を言われようが、自分を信じることができる者だけが勝者になれる。


ハリルホジッジ前監督の高圧的な指導法では、選手に最も大切な自分とチームを信じる能力を奪い去ることになったのかもしれません。


3日後のポーランド戦。
ポーランドにはアフリカ系の選手はいません。
逆に、ポーランド人が他のEU諸国に働きに行く場合が多いようです。

2018年 名目GDPランキング
22位 台湾
23位  スエーデン
24位 ポーランド
25位 ベルギー
26位 タイ

ポーランドの失業率
失業率は市場経済移行期から長らく高止まりしていたが、EU加盟を契機に多数の労働者がEU域内に移住すると20%近くあった失業率は急速に低下し、2008年に9.5%になった。その後は経済成長とともに緩やかに推移し、近年、欧州の景気回復により失業率は記録的な低水準となり、2017年3月に5.5%まで低下している。

EU内のサッカー選手
1995年のボスマン判決により、「EU加盟国籍所有者の就労はEU圏内で制限されない」としたEUの労働規約をプロサッカー選手に適用されることになった結果、EU加盟国のリーグにおいてはEU圏内の外国人に対して外国人枠を適用していない。