2018年3月10日土曜日

こんなTバーロウがジムにあれば幸せです

マラソンでは、登りより下りが速筋が疲労します。



下りの加速度を足で受け止める時、速筋を使うのです。

しかし、筋肥大効果は少ないです。

乳酸を溜めて追い込むという要素がないからです。



アメフトの当たり、当たった方より、当たられた方が速筋を使い疲労します。

これを利用して、前半、ひとりの選手をつぶしにいくという作戦はあるのでしょうか?

今度、聞いてみようと思います。



反動を使って当たるのではなく、組み合って押し合えば、筋肥大効果があります。

しかし、それすら、技が介入すると、負荷を逃がすので、筋肥大効果は少なくなります。



何が効果的な筋トレかを考える場合、高重量は凄いという感情は邪魔になります。

分析力と感情は反比例するものなのでしょう。

前頭前野=思考と偏桃体=感情は、互いに相殺する関係であるわけですね。

筋トレ中、興奮するのは、意識的に偏桃体優位にもっていくことかもしれません。







ニュース
イチロー選手、マリナーズ復帰。
チームが決まらない時も、泰然としていたとコメント。
失意泰然 得意淡然
シアトルでの復帰戦、淡然とプレーするイチロー選手が楽しみです。


上原選手は、巨人
メジャーから日本球界への逆輸入選手が増えるのは良いことですね。

ボクシング・山中選手 引退
体重オーバーでも、試合をさせてしまった興行団体に問題がありそうです。
それよりも薬物使用の罰則が、再戦というが意味不明な世界です。
興行スポーツと競技スポーツの違いでしょう。

稀勢の里、白鵬 春場所休場。
稀勢の里関は、万全を状態で、5月場所にそなえて欲しいものです。
白鵬関、熟練の技である張り差しを禁止されると、修正には時間がかかるのでしょう。
2段モーション注意で調子を崩す投手みたいなものでしょう。







<今週の名言>
It's not a big deal.
大したことないよ。

日々、淡々と、筋トレでもやって生活していきたいものです。