2015年5月28日木曜日

ダイエット食のご紹介 鶏の胸肉は圧力釜でスープにするのもいいよ







今日から糖質を摂り始めた。



やはり、糖質を摂ると眠たくなる。

血糖値が上がった後、下がるが原因だろう。



筋肉ははる感じはある。



糖質の摂り方は、今後も課題だ。



大会後の目標。



1、少量を食べて満足感を得るようになりたい。

どうしても、お腹いっぱい食べないと満足しないから、スープなど量がとれるものの助けがないとダイエットできない。

そこを今後は改善していきたい。



2、今日、会う人を、常に初対面の相手だと思い接したい。

人に先入観を持つのはよくない。

自分も変わってるなら、相手も変わっている。

日々、新たな出会いと思い生活したい。



筋トレも昨日の筋トレと今日の筋トレは違うのだ。

なぜなら、自分が昨日の自分と違うから。



食事も常に改善していく方向に向かいたいのと同じように、心も良い方向に変えていこうと思う。



そうすれば、必然的にカラダも変わる。





理想はもったほうがいい。

大会で優勝したいとか、筋肉を大きくしたいでもいいけど、

食事を改善したい、心を磨きたいの方が私をやる気にさせる。



あと3日でフィジーク大会。



日々、成長できるよう気合を入れたいものです。

ダイエット呼吸法 心身の健康のために筋トレと呼吸法





筋トレ、特にボデイビルをやると、私を含めて我が強くなる傾向があります。

自分の信念をもってないと筋トレ継続は難しいから、有る程度、我が強くなるのは仕方がないのかもしれません。



しかし、我の強さが悪い方向にいけば、筋トレ継続も難しくなります。



我とは、自分が正しいと思うこと。



しかし、自分の心は、そのつど変化しています。



ダイエットやるとわかるでしょ。



強い自分と弱い自分の繰り返し。



そこを観察すれば、自分=我なかり主張するのはやめておいたほうが良いと思えます。



怒ってる人を見てると、確実に、怒ってる人は自分が正しと思ってるのがわかります。



周りから見れば、どう見ても正しくないのに、自分が正しと思ってる場合もあります。



まあ、数パーセントは正しい部分もあるでしょうが、100%正しいということはありえませんよね。



それなのに、自信をもって怒れるというのは、自分が正しいと思う我のなせる技。



自慢話も同じことですよね。



愚痴なんかも同じことかもしれません。



言っても無駄なのに愚痴のも、自分が正しいと思う我の裏返し。



考えても無駄なことは考えない。

喋っても無駄なことはしゃべらい。



それが正し処世術なんでしょうが、それができないのも我がでしゃばるから。



コントロールが難しい我に対処するためにも深い呼吸はいいですよ。



ゆっくり

静かに

深く



呼吸すれば、心落ち着きます。



自分も正しい部分もあるでしょうが、相手も正しい部分をもってると分かります。



それならば、無駄なことは喋らず、無駄なことは聞き流すのが一番です。



急に馬鹿食いしたくなるのも、我の暴走。



我って、やっぱ、正し事ばかりは考えてないですよね。

ポーズも筋トレ 4日前 疲れ気味注意  5月27日







この動画の後、オートミールとプロテインバーで糖質摂取。

本当は、木曜からカーボアップの予定だったけど、水曜に前倒し。



体重は、昨日72.1kg、今朝73.1kg。



カーボアップで74kgにはなりそうです。











とにかく疲れた。



頭痛もあったんで、久々、筋トレ休み。



ちょっと楽になった。



やっぱ、オーバーワークだったみたい。



その人によって、どこでオーバーワークになるかは違います。



その人の体力、練習強度、練習頻度、生活環境などで、どこで休息をとればいいか変わってきます。



多くの人の場合、オーバーワークになるほどトレーニング強度は高くはないので、毎日やっても大丈夫です。



私も、まだまだ強度は高くないので、やれるときは、やろうと思ってます。



でも、さすがに大会前、ポーズ練習もはいるし、有酸素もあるから疲れが出たみたいです。



疲れてて、眠りも浅くなってたみたいです。



ここは自己判断ですからね。



昨日、筋トレ休んで、楽になったということは休んでよかったんでしょう。



今日も筋肉痛が激しい。



オーバーワークになると筋肉痛も起こらなくなる場合もあります。



回復を考えないで、がむしゃらにやれれることも大事です。

でも、ある程度、経験がいけば、休息を上手にとっていかないと無駄な部分がでてきます。



ここは難しいとこです。





効かせるトレーニングは楽しいから、ついついやってしまいます。



休む我慢も必要です。