2017年8月27日日曜日

8月最後の週の始まりです

週初めの月末。
昨夜は、自転車でジムから帰る時、少し涼しく感じました。
酷暑も終わり。
終わらない現象はないわけですね。
というか、暑く感じたのも、人間の勝手な感覚、もしくは、例年との比較によるもの。
地球からみれば、何も変わってないということなのかもしれません。

諸行無常 色即是空 空即是色
色=物質、現象  空=何もないこと は、イコールということ。
四季がある日本だから、このような思想が強く受け入れられたのかもしれません。

筋トレも 色即是空の気持ちを基本に、カラダに執着せず、今に集中して行うことが理想です。

Now this is not the end.
It is not even the beginning of end.
But it is, perhaps,the end of the beginning.

今は、終わりではない
終わりの始まりではない
しかし、もしかしたら、始まりの終わりかもしれない。

チャーチルさんは、読書家らしいから、東洋の思想にもふれてたのかもしれませんね。
終戦も終わりではなく、始まりの終わりと考えることもできます。

その後の日本と英国。
これからの日本と英国。

正しい歴史認識をもたず、今に一喜一憂する指導者がいれば、その国の未来は暗くなるのは間違いないでしょう。

<今週の目標>
You only have to do a very few things right in your life so long as you don't do too many things wrong.

投資家ウオーレンバフェットの言葉です。
「負けの99%が自滅である」という雀士の言葉に通じます。
投資もギャンブルだから自滅を防ぐ心理状態、生活習慣は大事でしょう。
まあ、人生にもギャンブル性はあるから、この言葉は、人生でも生きるでしょう。

「人生において、ほんの少し正しいことをすればいいんだよ。ただし、多くの間違いをしなければの話だけどね・・・」

ウダウダ言うこと(考えること)は、正しくないことの一つなのは分かりやすいでしょう。

あの時、売っていれば、買っていればよかったなんていう感情が投資でも人生でも最大の悪癖だと思えます。

Only fools trip on what is behind them.
間抜けな奴だけが、後ろのものにつまづく。
過去につまずく必要はないといえばないわけです。