2018年6月2日土曜日

80歳で懸垂バンバンやる動画  敬老の日にチンニング

ジムにあるTバーが売れてしまいました。

明日、発送します。

使っていたメンバーさんが多かったので、申し訳ない感じもします。



7月末、また入荷しますので、しばしお待ちください。

ペク&リアデルトやレッグプレス、デイップスマシーン、スタンデイングカールマシーン、スミスマシーンなども入荷します。



ジムスペースをちょっと広くしようか考えています。



<徒然>

反則タックル問題、対応の遅さが大学という密室組織を追い込んでる感はあります。



理事長さん、黄金の左、横綱・輪島さんの1学年先輩なんですね。



輪島さんの息子さんは、2017年 天理高校で、投手として、甲子園出場されてました。

高校卒業は、野球をやめて、アメリカかカナダに留学という記事がありました。

日大には進学されなかったわけですね。





学生横綱になった理事長さんは、角界入りせず、大学に残り、今の地位を築かれたわけです。



人生色々です。



あの元監督さんも、順調に出世していったのに、無意味な指示で、一瞬にして階段を滑り落ちた感じはあります。



まさに、マスコミによって”はまって追い込まれてる”元監督さん。

今こそ、成長するチャンスというのが、追い込む教育という感じでしょう。



筋肉は、適度の刺激で発達する。

刺激が強すぎると委縮する。



ピンチをチャンスとすることができるかどうか?



西野ジャパンも、失うものがないから、逆にチャンスです。



トップダウンの、ハリルジャパンやフェニックス型から、ボトムアップの西野ジャパンに変身したわけです。



ベテラン勢の話し合いで、奇跡を起こして欲しいものです。



でも、南アフリカの時は、伸び盛りの本田選手や川島選手が、ベテランを追いやって活躍しましたよね。



今回は、それが望めないだけに、ベテランの経験と意地を期待したいものです。



第三者委員会の結論が、7月末ということで、秋のシーズン出場が、いよいよ難しくなったフェニックス。



体育系の力が大学で弱まると、廃部という危機もでてきます。



今後の展開は、まだまだ色んなことがありそうです。



西野ジャパンにも、これくらい興味をそそる展開を期待したいものです。







































0 件のコメント:

コメントを投稿