2018年4月6日金曜日

効かせるトレーニング講座2018 No3、腹筋こそアイソテンションが先決問題

トレーニングのことなら、いくらでも話してしまいます。



使用重量と筋量がイコールという考え方に異議ありです。

筋量がつけば、当然、重量は持てる可能性は高まります。



しかし、その動作を学習していなければ、筋量が劣る人以下の重量しかもてません。



怪我の危険性を考えれば、重量をもたないでも、筋肥大する方法があれば、そちらを選択すべきです。



そういう方法をご指導でいてるのが、LBGYMの効かせるトレーニングです。

















0 件のコメント:

コメントを投稿