2017年8月22日火曜日

コントロールできることに集中しましょう

メンバーさんに高校野球ファンがいる年は、私の高校野球に対する興味があがる傾向にあります。



大阪桐蔭、まさかのファースト踏みそこない。

あまりにも悲劇的な結末に、一塁手が可愛そうだと思った高校野球ファンは多かったでしょう。

でも、あの一塁手、2年生で大阪桐蔭の3番を打つ選手。
プロに入る可能性も極めて高いだけに、今回のミスは話題性を得たと考える方法もありでしょう。

大阪の高校らしく、ああいうミスも笑いに変えて言ってほしいものです。

大阪桐蔭 2年生トリオ
1番 藤原は、50メートル走5秒8。2年生で高校日本代表入り。
3番、中川は、エラーもあったけど、この日もタイムリー。
4番、根尾は、投手として最速146キロを投げ、中学時代から注目の選手

こういうチームでも負けてしまうのが、甲子園なんでしょう。

<今週の目標>
Go out and perform at your highest level.
Whether you get up or not is out of your control,
so you don't dwell on it.

カブスのスカウトが、マイナーで悩む選手に向けて言った言葉です。

コントロールできないことを考えることを悩みと言うのでしょう。
コントロールできることを考えることは大事なこと。
コントロールできることとできないことを区別する能力が、人生で、最も大事なものの一つでしょう。

そう考えれば、起こってしまったエラーのことを考えることは無意味。
切り替える能力は、成功のためには大事な要素なんでしょう。

0 件のコメント:

コメントを投稿